イベントレポート

イベント風景
第33回・会場全体状況
35才以下の若手化粧品技術者を対象とした「研究会」は、若手技術者の技術のレベルアップ・技術者間の交流をはかり、ひいては業界の活性化をめざし活動を続けております。今年度の第33回(9月9日開催)と第34回(12月4日開催)はいづれも同一テーマで、ゆうぽうと(五反田)で開催されました。
今年度はメインテーマを「化粧品の容器・外装について学ぶ」に設定し、_従冑糞蚕僂隆霑探蚕僉↓⇒憧錣斑羶箸離ぅ鵐拭璽薀ション〜製品の総合保証〜、2従冤儷颪竜蚕僂砲弔い胴峪佞寮萓己に講演いただきました。講演後には参加者・講師・コーディネーター(部会委員)を交え、5グループに分かれグループディスカッションを行いました。参加者から予め提出いただいている「意見交換したい内容」等をもとに、日頃疑問に思っていることや困っていることなど、活発な話合い意見交換が行われました。本研究会はグループディスカッションでお互いの疑問点や意見交換を行う事を特色にしております、日頃社内では聞けないことなども可能な限りフランクに話合っています。続いて行った軽食と飲物を頂きながらの交流会では、グループディスカッションで話しきれなかったこと等も含め、参加者同士や講師の皆さんと交流を深めました。
次年度はまた新たな観点で若手技術者にお有意義なテーマを企画していきたいと思います。最後に今年度2回の講師をお引き受け頂いた、河田氏・松本氏(竹本容器)、大久保氏(ポーラ化成工業)、栗田氏(アサヌマコーポレーション)の皆様に深く感謝申し上げます。(東京支部・学術部会B)
 
 

イベント情報

【東京】第34回「研究会」のご案内(申込延長:〜10/31迄)

本研究会は若手化粧品技術者を対象に、化粧品のモノ作りに関わるテーマを取り上げ、参加者と講師及び参加者同士で、お互いの意見交換・討論を通して技術向上と技術者間の交流を図っております。
今回は化粧品の中身を保証し、外観の価値観や使用性・便利さなどを与えてくれる“容器・外装”について学んでいきます。
本研究会は35歳未満の若手・中堅の方を対象にしておりますので、あらかじめご了承下さい。
(対象外の正会員の方は是非、若手の代理者を参加させて頂きます様ご案内申し上げます。)
【開催日時】
第33回 9月9日(月)13:30-17:30
第34回 12月4日(水)13:30-17:30
【開催場所】
ゆうぽうと(五反田)7F「福寿」
【プログラム】
化粧品容器の基礎技術 河田 和夫(竹本容器蝓
容器と中身の整合性  大久保 威人(ポーラ化成工業蝓
化粧用具の技術    栗田 知子(アサヌマコーポレーション蝓

詳しくは添付資料をご覧ください。

※第34回(12/4開催)は10/1現在まだ定員には余裕があります。申込締切を10月末日まで延長しますので、是非ご参加ください。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2013年12月04日(水)
午後 1:30 〜 午後 5:30 (第33回 9/9(月)13:30-17:30
第34回 12/4(水)13:30-17:30
※両日とも受付開始13:30(予定)

)
会 場ゆうぽうと(五反田)
東京都品川区西五反田8-4-13
http://www.u-port.jp/access.html
講 師 河田和男(竹本容器蝓
大久保威人(ポーラ化成工業蝓
栗田知子(アサヌマコーポレーション蝓
参加費用 SCCJ会員 3,000円  
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 東京支部

TEL:03-6431-9196 FAX:03-6431-9126
 戻る