イベントレポート

イベント風景
パネルディスカッション
2017年2月1日大阪薬業年金会館301号室に於いて第27回勉強会が開催されました。
今回は『消臭および、においのコントロール技術』をテーマに、 3題の講演とパネルディスカッション、情報交流会を行いました。

私たちが生活する上において、存在している様々な匂いには個人差はありますが、不快と感じる悪臭が数多く存在します。
極端な例では「スメルハラスメント」という言葉に代表される様に、社会問題にまで発展する場合もあり、消臭及びにおいのコントロール技術に対する社会ニーズが高まっていることが今回のテーマ選択の背景にありました。

螢泪鵐瀬爐竜弉丹〕拡先生には、日本人男女の体臭特性について興味深い最新の研究発表をしていただきました。
男性だけでなく女性にも特異な体臭があるとのことでした。腋及びミドル男性特有の頭部臭に対する効果的な体臭抑制技術の開発例も紹介いただきました。

高砂香料工業蠕仞邉大先生には、生活空間における悪臭元と消臭素材や消臭メカニズムの解説及び、香料による「感覚的消臭」技術についてにおいサンプルを交えて分かりやすく説明いただきました。

山本香料 山本芳邦先生には、実際の悪臭問題の解決事例として衛生車(バキュームカー)や堆肥などの事例を開発背景や開発秘話とともにTV映像を交えてご紹介いただきました。
動画の再生がなかなかできないというアクシンデントに見舞われたものの臨機応変に話をつないでいただきました。
におい(悪臭)コントロールに香料が果たす役割が大きいことが示唆されました。

演者3名と勉強会委員によるパネルディスカッションでは、化粧品開発におけるにおいの問題解決に向けてのアドバイスや、これからのにおいコントロールの課題についてそれぞれのご意見を述べていただきました。難しい問題もありますが、将来的に悪臭を解決出来得るであろうとの心強い展望もいただきました。

講演とパネルディスカッション後の、情報交流会では先生方の前に質問や意見を求める受講生の列ができ、テーマに対する感心の高さを物語っていました。
次回の勉強会にもご期待いただきたいと思います。
 
 

イベント情報

【大阪】第27回勉強会 ワークショップのご案内

私たちが生活する上において、存在している様々な匂い。
個人差はありますが、不快と感じる悪臭が数多く存在します。
極端な例では「スメルハラスメント」と言葉に代表される様に、
社会問題にまで、発展する場合があります。

今回は『消臭および、においのコントロール技術』をテーマにあげて、
3題のご講演をいただきます。最新の体臭抑制技術や、様々な場面での
悪臭対策の事例…と、大変興味深い講演となっております。

どうぞ奮ってご参加ください。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2017年02月01日(水)
午後 1:30 〜 午後 6:30 (受付開始 午後1:00〜)
会 場大阪薬業年金会館 301号室
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目5番4号
http://www.dy-net.or.jp/home/home/kaigisitu/nenkin.htm
講 師 株式会社マンダム     久加 亜由美先生
高砂香料工業株式会社  石川 貴大先生
山本香料株式会社     山本 芳邦先生
参加費用 SCCJ会員 3,000円  
懇親会費用 懇親会費は参加費に含まれます。
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 大阪支部

TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769
 戻る